ホーム > ツアー情報 | モルディブ > モルディブ シックス センス ラーム

モルディブ シックス センス ラーム


生き方迷った時 教えてくれた海があった。

ラームもそんなひとつ。

4月新規オープンのシックスセンス・ブランド3つ目の “ラーム”

ラーム環礁にたったひとつのリゾート。

マレーより国内線で約40分。カッドウ空港から専用ボートで約20分。

ゲストが発着するジェテイー・エリアを中心に、レセプション、ダイビングショップ、レストラン、ワインセラー、アイスクリームバー、ラウンジ、ピアノの生演奏が聴けるバーなどが水上部分にあります。
ワインセラーでは世界各国から取り寄せた 250種類のワインが揃っています。ワインセラーの中にさらにチーズとハムのスペース もあり、特にチーズは一度は賞味する値打ちあり。新鮮なフルーツも美味しい。 マンゴのフレッシュジュースにはびっくり。

シックスセンス・ブランド特有のナチュラルでエコを重視した環境にやさしいリゾートというだけあり、レストランでの食材も近海の魚類、フルーツ、リゾート内で栽培するオーガニック野菜をふんだんに取り入れた料理は、特にグルメ指向のゲストには喜ばれる事間違いなし。日本人シェフの握るスシも日本の高級店並み。近海で獲れたジャックフィッシュの スシは最高でした。

水上ヴィラは3カ所のジェテイーから構成されており、現在はソフトオープンのために合計70室のうち35室のみオープンとなっています。リゾートのコンセプトがナチュラルですので、室内はいたってシンプル。キングサイズ・ベッド(天蓋付き)とその頭上部分が 一段高くなっているダブル・シンク。革張りの旅行カバン風にデザインされたシンクはオシャレ感満載です。
クローゼットやトイレも壁に埋め込まれてレイアウトされていますので室内スペースはさらに広く感じられる。バスタブとシャワーとも室外にあり、バスタブは 全面が透明強化プラステイックで作られており、まるで水中に浮かぶお風呂と錯覚してしまいそう。となりがシャワースペース。周辺は海水のため、シャワーを浴びながら魚鑑賞も出来る。もちろん木製の壁で仕切られていますので、プラーベート感を損なうことはありません。
そしてシャワースペースから階段があり、2階部分の小さいなガゼボ からラグーンを見渡せます。

夜は満天の星空観察。 サンデッキは広めで、日陰の部分と日なた部分にデイベッド、リラクゼーションハンモック、サンラウンジなどその日その時の気分によって使い分けする楽しみもBOSSのスピーカーは室外にも取り付けられおり、サンデッキで好みのミュージックを聞きながらゆったりするのもラアアムならでは。

ビールやワイン片手に綺麗な海とミュージック(CDでもナチュラルな潮騒でも)があれば、
それだけで超贅沢感を味わえる。

体験したエクスカーションをご紹介しましょう。

ラインフィッシング。
1回約4時間のドーニーによるラインフィッシング。
リゾートから2ラインでルアーの流し釣り。出発後20分でアタリあり。ラインを引き寄せるも魚も必死。
ジャンピングし、ラインは切られてしまいました。1m20cmぐらいのカジキでしたがあえなく敗戦。
それ以降はヒットなし。
ルアーをサワラ風??の魚やバラクーダが追いかけてきているが、食いつかない。
お魚さんにはルアーが美味しそうに見えなかったか。
リゾート周辺では“ボトムフィッシング”の許可がおりていないとか。珊瑚の保護のためと思われるが、少し残念。珊瑚を傷つけないボトムフィッシングを誰か開発してくれないだろうか。釣った獲物はデイナーの食材に早変わり。魚釣った人はラッキーですね。


ラインフィッシングの最中にイルカと遭遇。

きりもみジャンプを見せてくれたので“ハシナガイルカ”と思われる。
波乗りが好きなイルカでドーニーの舳先にまとわりついて遊ぶ。このフィッシングの海域がどうやらイルカの生息するポイントらしい。結構遭遇率が高いとの事でラインフィッシング&ドルフィンクルーズと命名してはどうか。

スノーケリング・エクスカーション。

2カ所のポイントに行きましたが、1カ所目は珊瑚もずいぶん温暖化のせいか死滅しており、魚影も薄かった。
他のポイントは(リゾートの目の前)珊瑚豊かでボートからエントリーの瞬間からトランペットフィッシュの群れに遭遇。ここはかなり魚影が濃い。スズメダイ系、モンガラ類、ハタタテダイ、アオブダイ系、ヤッコダイ等々盛りだくさん。そこそこ深めのためビギナー・スノーケラーはダイビングジャケット着用がおすすめです。しかし、ここの魚は餌(パン)蒔いても食べませんねえ。魚もシャイですかね。


サンドバンク・サンセット カクテル。
リゾートの目の前の砂だけの小さな島。
サンセットに空の色がダイナミックに変わっていく様子を眺めながらのカクテルはまさに南の島オンリーの醍醐味。
ぜひぜひ味わって損なしです。

ダイビング。
実際にダイビングされたダイバーの話によると、素晴らしいポイントだったとの事です。サンセット・ドルフィンクルーズ。イルカは機嫌でも悪かったのか1頭も現れず。しかるにドーニーのデッキでシャンパン・パーテイーでサンセットを楽しむ。一種、居酒屋状態のデッキでした。
何故か、サンセットと船にはシャンパンが似合うと感じるのは私だけでしょうか。
シックスセンス ラーム。ここはまさにパラダイス。ヴィラは飾らないシンプルさがかえって居心地が良い。それでいて、高級感を喪失しない。リゾート周辺の海もどこまでもナチュラルで近隣の島から来ているスタッフ達も、とてもシャイで、自然にでる笑顔に癒される。

人間も魚もナチュラルでシャイなラーム。

忘れたものを思い出させてくれるラーム。

大切なものを見失った時。生き方に迷っている人。

一度は訪れて頂きたい。そんなリゾート“シックスセンス ラーム”でした。





モルディブ シックスセンス ラームのツアー・ホテル情報はメルシーツアーまで! color scheme .

海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログの人気記事

この記事に関連する記事

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://blog.merci-tour.com/tour-info/15/trackback/
トラックバックの送信元リスト
モルディブ シックス センス ラーム - 海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログ より

ホーム > ツアー情報 | モルディブ > モルディブ シックス センス ラーム

ページの上部に戻る