ホーム > スリランカ | ツアー情報 | ホテル情報 > お客様の声:スリランカ(シギリヤ、ダンブッラ、キャンディ、ヌワラエリヤ、コロンボ)

お客様の声:スリランカ(シギリヤ、ダンブッラ、キャンディ、ヌワラエリヤ、コロンボ)


2015年2月10日~19日

初めてのスリランカ旅行なので、王道の観光名所を巡るプランにしてみた。スリランカまではシンガポール経由にしたので、スリランカ到着する前にもシンガポールで色々楽しめお得な気分。1初日ホテル&ガード

スリランカ到着したのは深夜だった為、街や周りの雰囲気が全く分からぬままドライバー兼ガイドさんに連れられホテルへ…翌朝目覚めてビックリ。昨夜は薄暗くて分からなかったのですが、部屋の前にはプールとビーチと海と青空。気分があがらないわけがない。初日から旅行に来た!!と実感できました。

出発前に、トゥクトゥク(オートリキシャ)に乗せてもらいホテル周りを少し走ってもらって、少し雰囲気を味わった。

スリランカ8日間移動の車は、なんと綺麗なプリウスです。スリランカの印象は、想像してたよりインフラが整備されていました。滞在中は停電はなかったし、ホテルシャワーは湯が使えた(1か所だけ途中で切れたが)、観光地で行くような道路は舗装されている。利用したホテルは、豪華ではないがどのホテルも心地よくゆっくりできた。朝夜の食事がほぼビュッフェスタイルなので途中から飽きてしまったが、合間に食べたローカルフード的なおやつなど、気に入ったスリランカフードも沢山あり、食的にも新鮮で楽しめた。

全てにゆる~い感じのスリランカですが、日本とはまた違った雰囲気で旅行を満喫できました。そして何より、また行きたいと思う国でした。

 1日目

2ダンブッラ石窟寺院3道中のホッパー屋4夕陽

 

 

 

『タンブッラ石窟寺院』へ向かいます。寺院内は裸足で見学するのですが、日なたの熱い石の上は飛び跳ねたり、日陰の石の上は冷たくて気持ち良かったりと、当たり前のことが新鮮でした。敷地内からは遠くに『シーギリヤ』も見えました。

この日は移動途中にガイドさんが色々なスリランカ食(おやつのようなもの)をご馳走してくれました。『ガード』という水牛ヨーグルトは、椰子の蜜のようなものをかけて食べるのですが、この蜜がとても美味しい。『ホッパー』という小さな鍋で作る、クレープのような食べ物はパリパリしてて、とても気に入りました。

この日のホテル『Sorowwa Reasort & Spa』は豪華さはないけどゆったりしてて、ロフトやテラスがあり綺麗な夕陽も見れました。

2日目

5シーギリヤ6アーユルヴェーダ7ヘリタンスカンダラマの朝

 

 

 

混雑するのと午後は気温が上がるとのことで、朝一番に『シーギリヤ』へ向かいます。近くで見ても不思議な形、どーやって上がって行くのかと思ってたら、途中階段が取り付けられていますが…こんな大勢の人が行き来して大丈夫なのかと思うような不安になる階段でしたが大丈夫だった。(笑)高所恐怖症の人にはきつそうな階段でした。頂上に上がるまでたくさん見どころがあるので、疲れも忘れます。とくに『シーギリヤレディ』のフレスコ画はあんなに綺麗に残ってるとは思いませんでした。

時間があるので、ホテルへ向かう前に『アーユルヴェーダ』を体験しました。温かいオイルが額に落ちてくるシロダーラは気持ち良かったですが、暑いのが苦手な私には、ハーブをひいたスチームバスが辛かった。(笑)設備は質素ですが、言葉通じないなか色々気にしてくれるおばちゃん(スタッフ)の心使いが嬉しかったです。

この日は唯一指定したホテル『ヘリタンス・カンダラマ』。外なのか中なのかわからないような?森と岩の一部のような外観。他のホテルに比べると、設備は揃ってるが部屋はそれほど広くない。備品も汚れていたりと残念な部分もありましたが、プールに入ったり、ホテル内を散策したり、食事も美味しくてよいホテルでした。ホテルレストランで『ホッパー』が食べれたのはここだけでした。ただ…最初のハードルが高すぎて期待以上ではなかったホテルです。

 3日目

8キリテ古都『キャンディ』へ向かいます。移動途中に、また『ガード』を探してもらい、ココナッツジュースやトウモロコシなどつまみ食いしながら移動。キャンディーでは『セントラスマーケット』『キャンディアンダンス』『仏歯寺』を見学。スリランカで初めて街らしいところにやってきて、なんだかすごい都会に感じたキャンディ。

この日ようやく念願の『キリテー』が飲めました。キリテー作る専属のおじさんがいて、パフォーマンスショーばりに作ってくれます。思った通り極甘で、見た目はチャイと似てるけどスパイスとか入ってないので飲みやすい。暑いスリランカではこの甘くて熱いキリテーがピッタリです。ドーナツとかりんとうの間くらいのお菓子『パニワラル』や蒸しケーキのような『ドドル』や薄いナンみたいな『チャパティ』を食べながら飲むキリテーは最高に美味しいです!!

この日のホテルは『Swiss Residence』丘の上にあるからか、朝靄がきれかったです。

4日目

9キャンディ駅10高原列車11ヒルクラブ・グランドホテル

 

 

 

高原列車で『ヌワラエリア』へ向かいます。ガイドさんは車で先回り。電車のが時間かかるようです。駅の時刻表がとても可愛かったです。約4時間の電車移動は、田舎景色から茶畑景色に変わっていく。途中停車すると、かごにナッツや果物やお菓子を入れた色んな売子さんがやってきます。見慣れないものがいっぱいあって新鮮です。

到着後は紅茶工場見学して、グランドホテル近辺を散策。建物や庭のせいかここイギリスって?って雰囲気です。『ヒル・クラブ』で紅茶を飲んで休憩しました。誰もお客さんがいなくて、質実な雰囲気のなかでゆっくりできました。

この日のホテルは『Glenfall Reach』、まだ新しいホテルでガイドさんも初めてらしい。小さなホテルですが、さすが新しいだけあって部屋も綺麗です。

5日目

12茶摘み13ピンナワラ14ディルマtラウンジ

象の孤児院『ピンナワラ』へ向かいコロンボへ戻ります。

前日は電車で走り抜けた茶畑。今日は車で走りぬけます。午前中なので茶摘みしてる人が沢山いました。

間近でみる象の行列。水浴びの象。可愛かったです。

コロンボに到着後は、少し街中を散策して、お茶して、買い物して。おしゃれなカフェやショップがあったかと思うと、トゥクトゥクや人やお店やと混沌としてたり。建物と人と車が多くて大都市を感じました。

 15コロンボ16土産

 

海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログの人気記事

この記事に関連する記事

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://blog.merci-tour.com/tour-info/1466/trackback/
トラックバックの送信元リスト
お客様の声:スリランカ(シギリヤ、ダンブッラ、キャンディ、ヌワラエリヤ、コロンボ) - 海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログ より

ホーム > スリランカ | ツアー情報 | ホテル情報 > お客様の声:スリランカ(シギリヤ、ダンブッラ、キャンディ、ヌワラエリヤ、コロンボ)

ページの上部に戻る