ホーム > タヒチ | ツアー情報 > ツブアイ島紀行【知られていないタヒチ】

ツブアイ島紀行【知られていないタヒチ】


タヒチ島
パペーテから国内線で約1時間30分南方へ飛ぶ。
南極に近づくわけだ。

時は、1999年11月初旬。気候的にはそろそろ夏。

タラップから降りると、まず「寒い、あれえ、夏じゃなかったの??」
今年は以上気象で夏の到来が遅れているらしい。

ペンション・バイテア・ヌイのスタッフでアルフォンソ氏が出迎えてくれた。
「おやあ?どこかで見たことあるなあ」と思ったら、ハリウッドのエディ・マーフィーにそっくりなのだ。
早速、彼ご自慢の三菱ジープでペンションに向かう。
途中、滑走路脇の道路に入りビーチに着く。

アルフォンソ氏が浅瀬のビーチに入り何やら採取している模様。
30分ぐらいで戻ってきたときには、バケツ半分くらい海草のようなもので詰まっている。
「これ何?」と聞くと彼は「アルガ、アルガ」と繰り返し言っている。
そして食べて見ろと言う。
おそるおそる食してみるとこれがなかなか美味しいのだ
(あとで聞いた話、日本では石垣島辺りで採取できる海ブドウと呼ぶ高級食材らしい)
そのまま食べてもよし、刺身に併せて食べるのもよしとのこと。
ここツブアイではふんだんに採れるのだそうだ。
それもそのはず、現地の人は必要な分しか採らないので、年中アルガに困ることはないらしい。

アルガの歓迎を受けいざペンションへ。
「おお!なんとこざっぱりした綺麗なペンションじゃない!」
レストラン兼フロントでチェックインを済まし部屋に荷物を置き、レストランでしばし休憩。
アルフォンソ氏が島の歴史やペンション・バイテア・ヌイの意味を一生懸命説明してくれる。
ちなみに、白い大きな波という意味だとか。
「うーん、なかなか洒落た名前じゃないか」

さて、休憩のあとアルフォンソ氏による島内観光のスタート。
何故か彼は「ミツビチ、ミツビチ、セボン」を繰り返す。
何のことかと思ったら、三菱のジープは素晴らしいという事だそうな。

島一周で「バウンティ号上陸」のことや、「沖合の石だけでできた小島」のこと、
シャコ貝の殻が散乱しているビーチなど訪れペンションに戻る。

おなかが空いたので早速夕食。
レストランではオーナー夫婦、アルフォンソ夫婦、
パペーテでペンションを経営しているおじさんたちと同席し、本日とれたての新鮮な魚料理。
刺身はもちろんアルガ和え。
醤油とワサビ持参で味覚はさらにヒートアップ。
ツブアイの人達にも醤油とワサビは大好評。

本当に家庭的な雰囲気であっという間に12時。
明日はソーメン(これも持参)を食べさせてあげると約束し、爆睡の途へ。

翌日またもやミツビチに乗り今日は山の方へ登る。
道なき道をサファリのように登って行く。
1時間ほどして山のほぼ頂上へ。

なんと360度のパノラマ・ビューでどこを見ても絶景ともいえるラグーンが一望できる。
タヒチには20回以上訪れているが、こんな素晴らしい眺めをみたのは記憶にない。

そしてさらに山頂にかけて、山一面がグアバの木で覆われているではないか。
普通グアバは黄色だが、ここのはなぜか赤い。
実が熟成する2月から3月には山一面が赤グアバで真っ赤に染まるそうな。
ゼイゼイ息を切らせながら、赤グアバ山に登る。

本当の山頂まで30分。

「やったぞ」アルフォンソ氏に記念の登頂写真を撮ってもらう。
彼曰く、「ここまで登った観光客はあなた一人です」と言われてさらに感激。
ようく聞いてみたら、そもそもこの島を訪れた日本人としては僕が4人目なんだそうな。
ちょっぴり誇らしい気分になる。

3日間の滞在だったが、純朴なツブアイ島の人々、素晴らしい海、ラグーンと赤グアバの山。

思い出はつきない。

本当に昔ながらのタヒチに触れてみたい人には、是非とも訪れていただきたい島だ。

タヒチ ツブアイ島へはメルシーツアーで! speed test website .

海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログの人気記事

この記事に関連する記事

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://blog.merci-tour.com/tahiti/13/trackback/
トラックバックの送信元リスト
ツブアイ島紀行【知られていないタヒチ】 - 海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログ より

ホーム > タヒチ | ツアー情報 > ツブアイ島紀行【知られていないタヒチ】

ページの上部に戻る