ホーム > スリランカ | ツアー情報 | 未分類 > スリランカ観光:ダンブッラ編

スリランカ観光:ダンブッラ編


スリランカ世界遺産「ダンブッラ石窟寺院」のご紹介

スリランカ最大の石窟寺院があるダンブッラはキャンディとアヌラーダプラを結ぶ道路沿い、文化三角地帯(3地点を直線で結んだ三角のエリア)にあります。ダンブッラの石窟寺院は紀元前1世紀にシンハラ王のワラガムバーフ王によって建てられました。

ダンブラ石窟寺院からの風景石窟寺院周辺の猿

 

 

キャンディロードをシーギリヤ方面に南下しダンブッラ市内に入ると巨大な黄金の大仏像が目に入ります。(黄金の大仏像の下は博物館になっています。)ここから歩いて石窟寺院へと向かいます。寺院までの道は坂道を登って行きます。(徒歩で約20分、少し坂道がキツイですよ。)高さは180mほどですが周辺の眺めが良く天気の良い日はシギリヤロックも遠望できます。道中、山に住んでいるお猿さん達を沢山見かけます。(触らない・近寄らないでね)入り口に到着後、靴を脱いで預けてから寺院の中に入ります。

◆5つの石窟寺院

・第一窟(デーワ・ラージャ・ヴィハーラ:神々の王の寺)

最古の石窟でこの寺院最大の仏像である、壁と同じ自然石に彫られた約14mの涅槃仏が横たわっている。この涅槃像は全身を黄金色に染められているのに足の裏だけは真っ赤で花模様が描かれている。スリランカでは仏像の足の裏を赤く染めるのが特徴になっている。

石窟寺院1石窟寺院2

・第二窟(マハー・ラージャ・ヴィハーラ:偉大な王の寺)

ダンブッラ最大の洞窟。洞内には56体もの仏像が安置されているが、ここの見物は壁や天井一面に描かれた壁画。仏陀の生涯のほか、スリランカの歴史が描かれている。洞内奥の中央部には天井から湧き水が滴り落ちている。ダンブッラは「水の湧き出る岩」という意味でこの第二窟が名前の由来となっている。この水は聖水とされ、雫の落ちる所には壺が置かれさらに石の囲いが作られている。絶えず雫が落ちているにもかかわらず減りもせず増えもしないと言われており、どこから来てるのかもわからないという。

石窟寺院5石窟寺院3石窟寺院4

 

 

 

 

・第三窟(マハー・アルト・ヴィハーラ:偉大な新しい寺)

全長9mの寝仏をはじめとする合計57体の仏像がある。

・第四窟(パッツィーマ・ヴィハーラ:三人の王の寺)

キャンディ王朝の末期に造られた比較的新しい座像が多い。

・第五窟(デワナ・アルト・ヴィハーラ)

1915年に造られた最も新しいもので色が鮮やか。

石窟寺院6石窟寺院外観2

 

 

 

 

 

スリランカ最大の石窟寺院は全て1枚岩をくり貫いて作られています。仏像の数も多く細かく描かれた天井画は素晴らしいですよ。

メルシーツアーの「スリランカ世界遺産ツアー」好評販売中です!お気軽にお問い合わせ下さい :-P
 

 

海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログの人気記事

この記事に関連する記事

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://blog.merci-tour.com/no-category/1893/trackback/
トラックバックの送信元リスト
スリランカ観光:ダンブッラ編 - 海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログ より

ホーム > スリランカ | ツアー情報 | 未分類 > スリランカ観光:ダンブッラ編

ページの上部に戻る