ホーム > アーカイブ > 2017年7月のアーカイブ

2017年7月のアーカイブ

ニューカレドニア・ニュースレター6月号(2017)

m_201706_head

ニューカレドニア・ニュースレター 2017年6月30日発行(ニューカレドニア観光局発行)

*メディア情報

【TV】

★体感!グレートネイチャー 追跡!失われた大陸 ジーランディア ~ニュージーランド・ニューカレドニア~(NHK-BSプレミアム):世界で7つ目の大陸として注目されるジーランディア。その面積の9割は海底に沈んでいますが海中にありながらなぜ大陸なのか、どのように生まれ、なぜ海に沈んだのか─。謎に満ちた姿を浮かび上がらせるため、番組はニュージーランド・ニューカレドニアを中心に8,000kmにおよぶ取材を敢行。地上の絶景を捉えつつ、各地の学者とともにその謎に迫ります。ニューカレドニアからは地質学者Pierre Maurizot氏、植物学者Bernard Suprin氏が出演。

■放送予定:7月22日(土)20:00~21:30  http://www4.nhk.or.jp/greatnature/

★ワールドツアー完璧MAP(BSフジ):家に居ながらにして旅気分を満喫できる人気番組。ニューカレドニア編ではおすすめ観光スポットから名産品、グルメまで幅広い情報を美しい映像でお届けします。

■再放送予定:7月13日(木) 28:00~28:55 前後編、7月26日(水) 07:30~07:55 前編、7月27日(木) 07:30~07:55 後編  http://www.bsfuji.tv/hinewcaledonia/pub/index.html

----------------------------------------

【ウェブ】

STORY WEB(光文社):「新しい40代」のためのファッション&ライフスタイル誌「STORY」のオフィシャルサイトにて、人気ブロガー中林直子さんによるニューカレドニア探訪記事が公開中。今後も順次更新予定です。

storyweb.jp

YOLO:「YOLO」とは、YOU ONLY LIVE ONCEの略。女性たちがアクティブに輝けるライフスタイル情報を発信するウェブサイトにて、ニューカレドニアでのアクティビティーや美食が紹介されます。公開は近日中~7月下旬までを予定。 yolo.style

トラベルコ:4月15日~6月23日の間、ほぼ毎週1回更新でニューカレドニアのさまざまな楽しみ方をご案内。ヌメアでの美食やホテル紹介から体験ダイビング、注目のブーライユでのアクティビティーまで幅広い内容が紹介されています。 http://www.tour.ne.jp/blog/travelko/area/south_pacific_ocean/new_caledonia

RETRIP:いま話題の旅行キュレーションメディア「RETRIP」にて、ニューカレドニアが紹介されました。プロ・カメラマンの絶景写真とともに、本島北部やインスタジェニックな見どころなど、まだ知られざるニューカレドニアの魅力に迫っています。 retrip.jp/articles/87581/

Yahoo!ニュース【たまさぶろの「至福のBAR、時々スポーツ、のち戯言」。】:元CNN記者であり、BAR評論家・エッセイストとして活躍中のたまさぶろ氏が、ニューカレドニアのBAR探訪記事を公開中です。首都ヌメアのホテルからイル・デ・パン、ブーライユまで、さまざまな場所でのオイシイBAR体験が、軽妙な語り口で紹介されています。最新記事はコチラから。 news.yahoo.co.jp/byline/tamasaburau/20170601-00071262/

※同じ記事が下記「Bar Times」からもご覧いただけます。 https://www.bar-times.com/contents/30134/

旅MUSE:オトナ女子のための厳選情報をお届けする海外旅行専門メディア「旅MUSE」にて、モデルであり人気ブロガーの片桐優妃さんがニューカレドニア美食の旅をご紹介!グルメはもちろん、スパやショッピングの体験も満載です。 tabi-muse.com/collections/view/828/1

【本&雑誌】

m_201706_02Adventure King Adventure King(6月上旬発刊):冒険好きな若者のためのフリーマガジン「Adventure King」にて、ニューカレドニア特集が掲載されました。フォトジェニックな写真とともに、のんびりと南国ムードあふれるニューカレドニアの趣をご紹介。下記ウェブサイトからも特集記事がご覧いただけます。

NEW CALEDONIA, STAIRWAY TO HEAVEN 1

NEW CALEDONIA, STAIRWAY TO HEAVEN 2

 

 

m_201706_06月刊「マリンダイビング」8月号(7月10日発刊):8月号のニューカレドニア特集は、夏のニューカレドニアを“優美に過ごす”をテーマに、「海も陸もフルに楽しむ理想の休日」をご紹介します。ヌメアの人気ダイブスポットや「FUN!FUN!ダイビングキャンペーン」、読者の体験レポートなど、ニューカレドニアに行きたくなる情報満載です♪
marinediving.com

 

ゼクシィ 海外ウェディング(8月23日発刊):今回は、ニューカレドニアでの海外ウェディングを体験される新郎新婦に密着取材!幸せいっぱいの素敵なお二人と青く透きとおる海、そして白く輝く砂浜…。南国リゾート・ウエディングの醍醐味を存分に知ることができる特集になっています。
zexy.net/mar/honshi/kaigai.html

m_201706_03

トリコガイド(エイ出版社/6月20日発行):ひと味違うディープな旅の魅力に迫る大判ガイドブック「トリコガイド」から、ニューカレドニア編が出版されました。マレ島での秘境トレッキングからゴルフ、サーフィン、北部を行くドライブまで、わざわざ足を運ぶ価値のある魅力的なアクティビティーをとことん掘り下げた一冊に仕上がっています。
www.ei-publishing.co.jp/magazines

 

 

*イベント情報

【日本国内】

ダイバーフェス(7月8日・9日):海の大切さ、楽しさを紹介する夏の野外大型イベント「OCEAN PEOPLE」で同時開催される「ダイバーフェス」。ニューカレドニア観光局でも、ダイバー憧れのスポットが数多く点在するニューカレドニアの魅力を知ってもらうべく、バーチャルリアリティー体験のエンターテインメントをご用意し、お待ちしています。現地在住インストラクターも来場!

■開催場所:代々木公園(入場無料)

■開催日時:7月8日(土)・9日(日)11:00~20:00

diverfes.jp

 海外旅行フェア2017 in アカプラ(札幌/8月25~27日):北海道民の方々に、海外旅行の魅力や楽しみ方を紹介していくフェスティバルです。世界各国の観光局や航空会社、旅行会社などが一堂に会し、今どきの海外旅行情報や人気スポットなどをご案内。ニューカレドニア観光局も最新情報をたずさえて出展します。

 ツーリズムEXPOジャパン(9月21日~24日):世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2017」。ニューカレドニア観光局は、もちろん今年も出展いたします。詳細は次号ニュースレターでお知らせ予定です。

www.t-expo.jp/biz/

 【現地開催】

アンスバタのホテル「シャトーロワイヤル・ビーチリゾート&スパ」からイベントのお知らせ

チーズ&ワイン・フレンチ・ロード(8月28日~9月2日開催):厳選されたフレンチ・チーズとコールドミート、サラダのブッフェをどうぞ。手づくりのパティスリーやチーズにぴったりのワインも豊富にご用意しています。

ガーデンパーティー(7月2日・8月6日・9月3日・10月1日・11月5日・12月3日/各日14:00~20:00開催):ホテルのガーデンスペースにて、DJによる音楽とタパス&カクテルをお楽しみいただけます。もちろん美しいサンセットタイムもご堪能を!

 

季節のインフォメーション

 ご存知でしたか?こんなニューカレドニアのお楽しみ。

m_201706_04

「ホエール・ウォッチング」は7月中旬~9月上旬がシーズン

グランドテール島南端のプロニー湾周辺には、7月中旬~9月上旬、ザトウクジラが回遊してきます。ここへは育児中の母クジラが体を休めようとやって来るので、子連れのクジラたちを観察できるのが魅力です。ツアーは、ヌメアから船で向かうものと、プロニー湾まで車で行き、そこから船で沖に出るものの2タイプがありますが、いずれもザトウクジラの生育に影響が出ないよう、許可を受けたツアー会社のみがホエール・ウォッチングを行っています。年に一度、クジラたちによる大自然のスペクタクル・ショーをお見逃しなく!

m_201706_05

7月・8月は海だけでなく、陸でも遊ぼう!

平均気温が約20~21℃の7月・8月、ニューカレドニアは地元っ子たちが「ベストシーズン」と呼ぶ、涼しく快適な季節になります。この時期は、まさにハイキングやサイクリング、ゴルフなど陸で楽しむアクティビティーに最適。人気の「リビエール・ブルー州立公園」はもちろん、「モン・コギ」や「マドレーヌの滝」、さらに「巨大シダの森公園」など、ニューカレドニアには、まだまだ知る人ぞ知るハイキングやサイクリングのスポットが数多くあります。
またニューカレドニアは、国際大会も開催されるゴルフのメッカでもあります。特に注目は中部ブーライユにある「シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・リゾート&スパ」のゴルフコース。名設計者として知られるピート・ダイの手によるコースデザインで、アマチュア世界大会も開催される名門コースになっています。世界遺産のラグーンを臨むゴルフコースで、リゾートゴルフの醍醐味が味わえること間違いありません。

 

情報提供:ニューカレドニア観光局

 

 

 

 

 

 

ホーム > アーカイブ > 2017年7月のアーカイブ

ページの上部に戻る